定跡研究

Category
初心者が学ぶべき定跡④ーフレンチディフェンスー
久しぶりに定跡シリーズの第4弾、フレンチディフェンス(French Defense)について解説します。フレンチディフェンスとは、白の初手1.e4に対してe6と受けるもので、e4への応手としては、データーベース上、c5、e5に次いで3番目に多い手となっています。日本のチェスプレイヤーの中でも、人気のある作戦ですので、覚...
1139 PV
初心者が学ぶべき定跡③ーカロカンディフェンスー
e4を指すものにとって、ルイロペス、シシリアンディフェンスへの対策は白番でも不可欠なのですが、黒番のレパートリーとして勧める定跡というのは、ちょっと迷う感じです。イタリアンゲーム(1.e4 e5  2.Nf3 Nc6  3.Bc4)なども、黒番でe5を指す場合は否応なしに対策が必要ですし、そもそも最近はd4を指す人が多...
2146 PV
初心者が学ぶべき定跡②ーシシリアンディフェンスー
1手目e4に対しての応手として、おそらく一番多く見られるのが、1. … c5、シシリアンディフェンスです。いろいろなバリエーションがありますが、白はセンター、キングサイドでの優位性を主張しようとするのに対し、黒はクイーンサイドからのカウンターを狙います。 大きく分けると、白が3手目でd4とつくオープンシシリ...
2485 PV
ギャンビット(Gambit)とは
チェスで、序盤にわざとポーンを(1個もしくは複数個)相手にとらせ、代わりに展開やテンポを得ることをギャンビット(Gambit)といいます。将棋でいうと「突き捨ての歩」が一番近いでしょうか。 将棋の場合は、駒が循環するので、1歩では優劣がつきにくいかもしれませんが、チェスの場合は、ポーン1個でも捨てたら戻ってきませんので...
2124 PV
初心者が学ぶべき定跡①ールイロペスー
チェスを始めてしばらくすると、必ず突き当たる問題としては、「定跡は何を覚えるか」です。 以前の記事で、おおざっぱに5手くらい覚えればいい、と説明しましたが、やはりそれでは、対応しきれないわけで、一つは中盤くらいまで並べて勉強して、ある程度理解できている定跡が欲しいものです。 私は1手目、ほとんどe4(ポーンをe4へ進め...
7650 PV
シシリアンディフェンスの一変化
今日は、2013年に行われた世界チャンピオン決定戦の予選(FIDE Candidates London)で、Carlsen, Magnus対Gelfand, Borisの試合を載せます。白番のカールセンが勝った試合ですが、Sicilian Defenceで3.d4としない変化を使っています。 1.e4 c5 2.Nf3...
1082 PV
Ruy Lopez Chigorin Defenceの名局
最近世界レベルの試合で、指されるルイロペスというとBerlin Defenceばかりになりましたが、我々のレベルの試合ではまだChigorin Defenceも多く指されています □Anatoly Karpov(2700) ■Wolfgang Unzicker(2535) Nice 1974 1. e4 e5 2. N...
1221 PV